転職

「退職を考えている。でも円満退職する方法がわからない。円満退職なんてできないのでは」

転職を考えているなら、できるだけ円満退職で職場を離れたいと思っている方が多いかと思います。

しかしほとんどの理由は「会社が嫌になった」からであるので、円満退職なんてできないのではないでしょうか。

円満退職するためには、伝え方や理由などできるだけ工夫する必要があります。

今回は笑顔で職場を離れるための、円満退職する方法をお伝えします。

円満退職する方法4つ

さっそく、円満退職する方法をご紹介します。

辞める時期を見定める

勤めていた金融会社が買収され、安定して勤められる会社へシフト

円満退職するために、辞める時期はとても重要です。

まず面接を受ける企業からは、いつから働けるのか?という質問があるでしょう。

その時、きちんと回答できるように会社規定は確認しておいてください。

繁忙期に辞めるとなったら、あなたのいない職場は大変なことになります。

迷惑な時期に辞めないように、会社の繁忙期や人事異動期はしっかりと押さえておくようにしましょう

またいきなり「退職します」と伝えるのは、聞かされる側もあまり良い気分ではありません。

できれば、転職したい意向は早めに上司に伝えておくのがベストです。

退職の理由を考える

転職

退職の理由は建前でも当たり障りのない理由を選びましょう

「会社の仕事が嫌だった」「上司が嫌いだった」などいろいろあるかと思いますが、本音で話してしまったら円満退職なんてとてもではないですが無理です。

退職理由として比較的納得感のある理由は、以下の2つです。

  • キャリアアップなど前を進むための退職
  • ライフスタイルの変化による退職

キャリアアップなどの転職は「会社でやりたいこと以上にやりたいことができた」ということなので、迷惑以上に応援の気持ちを持って送り出してくれる可能性があります。

ライフスタイルの変化は、「家族の転勤で引っ越しすることになった」や「健康状態が悪くしばらく治療したい」などです。

こちらは「しょうがない」という気持ちを持ってくれるでしょう。

伝える順番を考える

転職

円満退職するためには、伝える順番が重要となります

伝える順番①家族

家族がいるなら、家族には先に転職する意志を伝えておく必要がありますね。

反対があるかもしれません。その場合も、きちんと自分の気持ちを伝えて家族の賛成を得られないと、転職活動中もしんどいでしょう。

伝える順番②上司

無事に転職先が決まったら、今度は会社を辞めることを上司に伝えなければいけません。

この時、上司が話をしても良さそうなタイミングをしっかり見極める必要があるでしょう。

忙しくしている上司に時間を取ってもらうのですから、タイミングは重要です。

タイミングが悪いと、上司に辞めることを引き止められたり、険悪なムードになってしまう可能性もあるからです。

きちんと話をすることができたら、具体的な日時や、有給消化、後任への引継ぎなど細かい話もしていく必要があるでしょう。

伝える順番③同僚

上司に伝えて、正式に退職が確定してから最後に同僚に話しましょう

退職の話は、上司に伝えた後も自分から広めないほうがよいです。

同僚や部下などに伝わると、そこから色々な噂が出てしまうものです。

円満退職するためにも、伝える人はごくわずかにとどめておきましょう。

上司の前に同僚に相談したりする人もいますが、これはあまりよくありません。

もし同僚から、上司にそのような話が伝わってしまったらどうでしょうか。

まだ退職を決めていない場合は、焦りますし、上司も気分が悪いものです。

正式に発表されるまでは、上司以外には話さない、一番初めに上司に相談するというのを実践してください。

伝えるタイミングを捉える

転職エージェント

退職のタイミングは難しいです。多くの人は、自分の仕事を誰かに引き継ぎしなければいけません。

後任がすぐにいれば良いですが、なかなか見つからない場合は、あなたが辞める直前に後任が決まるということもあるでしょう。

そのような場合でも、自分の業務は誰かに引き継ぐ必要があります。

引継ぎ期間を考慮し退職時期を決めてください。

これは自分だけの判断ではなく、上司とも相談して時期を決めるのがベストです。

退職の2か月前が伝えるタイミングとしてベストで、1か月くらいを書けて引継ぎを行えば十分です。

円満退職のために、ポイントをしっかり押さえよう

新しい職場で気持ちよく働きたいのなら、現在の職場を円満退職するべきです。

後腐れのある退職をしたら、後までずっと引きずるでしょう。

円満退職したいなら、ステップを踏んでしっかり計画を立ててください。

退職日まで、余裕のあるスケジュールを作ってください。

会社に迷惑をかけない形で退職し、見送ってもらえれば晴れ晴れとした気持ちで、新しい職場で働けます。