施工管理 転職理由 志望動機

「収入が高い会社に転職をしたい」と考えている人はたくさんいるでしょう。

そのような場合は、ハイクラス案件を多く扱う転職エージェントを利用してみることがおすすめです。

とはいえ、どの転職エージェントを使えばいいのかわからなくて困っている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、ハイクラス転職を希望する人におすすめの転職エージェントについて、詳しく解説していきます。

ハイクラス転職の基準は年収800万円以上

高年収のイメージ

ハイクラスというのは、一般的に年収が800万円以上の人のことを指します。

ハイクラス案件を取り扱っている転職エージェントには、このような高収入案件や、入社した瞬間から役職が付く案件なども数多く揃っているのです。

若手ハイクラス転職も存在する

分析する男

ハイクラス転職と聞くと、30代から40代、あるいは50代が対象になっていると思われがちですが、若手ハイクラス転職というのも存在しているのです。

これは、20代などの若年層をターゲットとした求人で、若くして高い年収を稼ぎ出すことが可能になるのです。

ただ一般的なハイクラスとは定義が異なり、大体500万円以上の年収であれば、ハイクラスと言われることが多くなっています。

ハイクラス求人が豊富な転職エージェント6選

では、ハイクラス求人が豊富な転職エージェントとは一体どこなのでしょうか。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

引用元:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、様々な業界、業種の求人を取り扱っている転職エージェントです。

また、年収1000万円以上の求人もたくさん用意されているため、ハイクラス転職をしたいと思っている人には非常におすすめです。

1000万円を超える求人の多くは、

  • コンサルタント
  • エンジニア

などが多く、前職でこのような経験があるという人は、是非チェックしてみると良いでしょう。

JACリクルートメント

JAC-Recruitment(ジェイ-エイ-シー-リクルートメント)

引用元:http://www.jac-recruitment.jp/

続いては、JACリクルートメントです。

この転職エージェントは、外資系企業の求人を主に取り扱っています

そのため、比較的高収入の求人を紹介してもらえる可能性が高いのです。

しかし、外資系企業の求人が多いため、求職者のスペックなども重要視されます。

仮に市場価値が低いと判断されてしまった場合は、紹介をしてもらえないこともありますので、注意しましょう。

また、このJACリクルートメントというのは、企業側のコンサルと求職者側のコンサルが同一です。

つまり、企業側が求める人材の基準などを隅々まで理解した担当者にサポートをしてもらうことができるのです。

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

BIZREACH(ビズリーチ)

ビズリーチ

引用元:https://www.bizreach.jp/

BIZREACH(ビズリーチ)という転職エージェントも非常におすすめです。

BIZREACH(ビズリーチ)はテレビCMでも公開されている通り、ハイクラス求人専門の転職エージェントです。

先ほど解説した若手ハイクラス案件も多く取り揃えているため、20代のハイクラス転職にも向いていると言えます。

更に、事前に自分のレジュメを登録しておくと、企業側からスカウトが届くことがあります。

もちろんスカウトを受けるためには、それなりのスキルや経験、現在の年収の高さが大切になりますが、自分で転職先を探すことなく転職ができる可能性もありますので、是非スカウト機能を有効活用してみることをおすすめします。

■□ 年収1000万円以上の会員制転職・求人情報サイト ビズリーチ □■

キャリアカーバー(CAREERCARVER)

リクルートのハイクラス転職・求人サービス-CAREER-CARVER(キャリアカーバー)-

引用元:https://careercarver.jp/

続いてご紹介するのは、キャリアカーバー(CAREERCARVER)です。

これは、リクルートグループが運営している、ハイクラスに特化した転職エージェントです。

この転職エージェントを使うことで、年収800万円から2000万円程度の案件を紹介してもらえる可能性が高くなります。

ただ、この転職エージェントはどちらかというと、ある程度のキャリアを積んだ人向けですので、20代で利用するよりは、30代や40代で利用した方が効果的と言えます。

CAREERCARVER

ロバート・ウォルターズ

添付ファイルの詳細 会社概要|外資系・日系グローバル企業への転職・英語求人|ロバート・ウォルターズ

引用元:https://www.robertwalters.co.jp/about-us.html

英語に自信がある人は、ロバート・ウォルターズという転職エージェントを使ってみることもおすすめです。

この転職エージェントでは、英語力が必須となっている求人が多いため、それに比例して年収も高くなっていくのです。

また、中には部長、役員クラスの求人も用意されていますので、キャリアを積んだ中高年層におすすめです。

ロバート・ウォルターズに登録する

転機

転機-ハイクラス・エグゼクティブ層への転職支援サービス

引用元:https://ten-ki.jp/

最後は、ハイクラス転職サイト「転機」という転職エージェントです。

この転職エージェントは、平社員としてではなく、管理職もしくは経営陣への転職を検討する人におすすめできます。

転機という転職エージェントのコンセプトは、

「社長の右腕として転職する」

となっているため、今よりも上のクラスを望むのであれば、利用してみることをおすすめします。

また、扱っている企業の中には大手企業もあるのですが、どちらかという小規模事業者、中規模事業者の取り扱いが多いため、ある程度裁量のある会社で働きたいと思っている人にも向いていると言えます。

社長の右腕に立候補
ハイクラス転職サイト「転機」

まとめ

ハイクラス転職がしたいと思っているのであれば、高年収求人を数多く取り扱っている転職エージェントを利用することが大切です。

そうすることで、自分の能力や市場価値などと照らし合わせて、希望に近い企業を紹介してもらえる可能性が高くなります。

ただし、ハイクラス求人を扱う転職エージェントにも種類があり、それぞれで扱っている企業やマッチしている年齢層などが異なるため、今回の内容を参考にしながら、自分に合った転職エージェントを選んでいくことをおすすめします。