転職

転職したいと思っているだけのそこのあなた、要注意です!

転職をしたいと思っていても、なかなか行動に移せず、ずるずると時間が過ぎてしまっているだけになっていませんか。

転職というのは、いつでも気軽に行えるものではありません。

待っていても仕事はやってこないですし、目の前の仕事に追われているだけではどんどん年を重ねていってしまいます。

転職には限界年齢というものがあり、この年齢を過ぎてしまうと転職の難易度が上がってしまうのです。

今回の記事では、転職の限界年齢は何歳なのか、いつまでも転職をしておけばよいのかということについて、詳しく解説していきます。

転職の限界年齢は35歳と言われている

転職

転職の限界年齢というのは、明確な定義があるわけではありません。

そのため、ネットを調べてみると

  • 28歳
  • 30歳
  • 32歳

と様々な説が出ています。

もちろん、転職したい業態によってその年齢は変わるでしょう。

しかし、数多くの企業や転職エージェントが揃って口にするのは「35歳」です。

35歳を超えると、その後のキャリアアップが難しくなりますし、もう若手と呼べる年齢でもないため、転職が難しくなる可能性があるのです。

それでも転職している人の平均年齢は上がっている

とはいえ、少子高齢化などの影響から、若手不足に陥っている業界もあります。

そのような業界であれば比較的転職がしやすいと言われているのです。

実際に、転職をしている人の平均年齢が少しずつ上がっているため、

「35歳を過ぎたら絶対に転職ができない」と断言することはできません。

年齢35歳以上が転職をしやすい仕事2つ

転職

35歳を過ぎても転職を成功させられる可能性はあります。

しかし、20代などの若手に比べると難易度は上がる傾向にあることは上述した通りです。

では、35歳以上が転職をしやすい業界とは一体どのような業界なのでしょうか。

それは、

  • 専門スキルが必要ない仕事
  • 人手不足が深刻化している業界の仕事

の2つです。

このような仕事に絞って転職をしていくことで、限界年齢と言われる35歳を超えていても、転職を成功させられる可能性を高めることができるでしょう。

専門スキルが必要ない仕事

専門スキルが必要ない仕事は例えば、

  • ワードやエクセルなどの事務
  • コールセンターのオペレーター
  • 飲食店のホールスタッフ

などを言います。

もちろん、業種によっては膨大な事務作業を効率よく行わなければならない場合もありますし、きめ細やかなサービスをしなければならない飲食業態もあります。

何もかもがスキル必要なしとは一概には言えませんが、それでも1日2日で即戦力となれるような仕事であれば、35歳以上でもそれほど心配はいらないでしょう。

人手不足が深刻化している業界の仕事

人手不足が深刻化している業界の仕事で真っ先に思い浮かぶのはIT業界ですね。

コロナで始まったニューノーマル・在宅業務の波に乗って、すさまじい人手不足となることが考えられます。

ただし、上記の「専門スキルが必要ない仕事」と違ってそれ相応のスキルが必要です。

ログラミングのスキルがない方は、まずはTechAcademy [テックアカデミー]などのプログラミングスクールで相応の知識を身に着けてから転職活動を始めることをおすすめいたします。

身に着けるのは難しいですが、頑張れば一生モノのスキルを得られるはずですよ。

オンラインブートキャンプ無料体験

ちなみに、IT業界と同じく建設業界も深刻な人手不足に悩まされていますが、そちらは絶対におすすめいたしません。

未来あるIT業界と違って、建設業界は先行きがかなり暗くなっているからです

詳細は以下の記事でご確認ください。建設業界がどれだけ危険かわかるはずです。

転職の限界年齢35歳に近い人の転職戦略3つ

転職

限界年齢と言われる35歳を過ぎている方、それに近い方の場合は、闇雲に転職活動をしてはいけません。

では、限界年齢が近い人はどのような戦略で転職を進めていく必要があるのでしょうか。

スキルや経験をアピールする

まずは、これまで培ってきた経験やスキルを上手にアピールするということです。

20代の頃は何のスキルや経験がなくても、やる気があれば採用される確率は高まりますが、35歳付近になると、企業側はスキルや経験を持っていて当然という見方をしてきます

そのため、持っているスキルや経験をできるだけ具体的にアピールして、即戦力になる人材だと思ってもらうことが大切なのです。

妥協できる条件、できない条件を明確にする

35歳前後であるならば、妥協できる条件とできない条件を明確にすることも大切です。

35歳前後で転職をする場合、酷な言い方かもしれませんが、条件にこだわりすぎると失敗します。

そのため、

  • どうしても譲れない条件
  • 会社に譲歩しても良い条件

を明確に分けておくことをおすすめします。

例えば、「給料は最低これくらいほしいが、残業時間はこれくらいまで妥協できる」「転勤が多くても、福利厚生が整っている方がいい」などです。

特に35歳以上は子育て世代も多いのではないでしょうか、家族と話し合ってしっかりと考えることが必要です。

同業種での転職を検討する

更に、同業種への転職を検討することも大切です。

35歳前後になると、企業側は即戦力になる人材しか取らなくなる傾向にあるため、すぐに活躍できる同業種に絞って転職活動をしていくことが大切なのです。

資格があれば即採用なんていう企業もあります。

そうすることで、比較的スムーズに転職を決められる可能性が高まりますし、昇進などにも期待ができるでしょう。

中にはビズリーチなどの即戦力に対応した転職サイトもあります。

いきなり管理職採用なんていうこともありますので、是非ともご検討ください。

限界年齢に近い人が転職をスムーズに進めるには

転職

転職の限界年齢が近づいてきていて、焦っている人もたくさんいるでしょう。

では、転職をスムーズに進めるためには一体どうすればいいのでしょうか?

退職をする前に転職先を決めておく

35歳以上であれば生活も大切にしなければならない方も多いはず。

まずは退職をする前に転職先を決めておくことをおすすめいたします。

中には、退職をしてから転職活動を始める人もいます。

もちろん会社を退職してから転職活動をすれば、転職活動だけにフォーカスをすることができるため、効率的に進められる可能性もあります。

しかし、中々転職が決まらないと精神的に焦ってしまいますし、経済的にも問題が起こってしまう事があります。

そのため、少し大変かもしれませんが、現在の仕事を続けたまま、転職先を探すことが大切なのです。

そうすることで、「無職」という期間を作ることなく転職ができますので、経済的にも精神的にも安心できるでしょう。

転職サイトを使う

続いては転職サイトを使うという方法です。

転職サイトというのは、求人がたくさん掲載してある無料サイトのことです。

このサイトで自分が気になる求人を見つけることができれば、手間を省きながら転職活動をしていくことができます。

とっかかりとしておすすめなのはリクナビNEXTです。

自分の希望条件をサッと入力すれば、希望通りの求人をたくさん紹介してくれます。

まさに、初めての方にとってありがたい転職サイトと言えるでしょう。

ただし、転職サイトの場合は、求人の発見から応募までを全て自分で行う必要がありますので注意しましょう。

転職エージェントを使う

転職サイトと別で、転職エージェントを使うということもおすすめです。

転職エージェントというのは、転職サイトとは違い、担当のエージェントがついてくれて自分の転職先などを一緒に考えてくれるサービスを言います。

面接練習やスケジュール調整など、1人で転職活動をするにはめんどくさいことも代行してくれるため、効率的に転職活動を進めることができます。

転職エージェントでおすすめなのはリクルートエージェントです。

求人数の多さが魅力的で、しびるもここを使って転職しました。

サッと1,2分で条件を入力すればすぐに面談を取り付けられるので、転職する気が数パーセントでもあれば一度使ってみることをおすすめいたします。

リクルートエージェントで無料面談を申し込む

転職の限界年齢は35歳、でもまだ大丈夫

転職の限界年齢には様々な説がありますが、35歳が最もよく言われる限界年齢です。

ただ、限界年齢に近づいた、あるいは限界年齢を過ぎたという場合でも、転職が不可能なわけではありません。

今回紹介したコツをしっかりと実践して、効率的に転職活動を進めていけば、転職を成功させられる可能性も高まるのです。

しかし、転職活動は早いに越したことはありませんので、少しでも転職をしたいと思っているのであれば、今すぐ行動を起こすことをおすすめします。

しびるしびる

転職の年齢は早いほど有利!