転職活動

面接で転職理由を質問されることは、ほぼ確実と言っていいくらいです

ただ、この質問にうまく答えられない人がいることは確かで、実際に聞かれた際に黙り込んでしまったり、正直に伝えすぎてしまったりして、マイナス印象を与えてしまう人もいるのです。 

今回の記事では、転職理由でポジティブな印象を与えるためのコツをつらつら書いていきます。

面接で転職理由を聞かれる理由2つ

まずは、企業がなぜこのような質問をするのかということについて、詳しく解説していきましょう。

自社との相性を見定めるため

転職先の企業は、転職希望者と自社との相性を見定めようとしている場合があります

例えばハードワークな社風の会社でゆるゆるした受け答えはダメでしょうし、逆にやる気を出しすぎることでマイナス評価につながる会社もあります。

企業側はできるだけ自社の理念や社風にマッチした人材を欲しているため、言っていることは正しくても自社の社風とかけ離れていると、採用を見送ら得てしまう事があるのです。

すぐに退社しない人材かどうか

例えば転職理由を、「嫌な人がいた」「仕事のモチベーションが上がらなくなった」

このように説明してしまうと、「うちに入社してもすぐに退社するだろう」と思われてしまうことがあるのです。

企業は人材を採用するために広告費などをかけていることが多いため、すぐに辞められては困ります。

このようなことから、あえて会社を辞めた理由を聞いて、うちでやっていける人材かどうかということを調べるケースがあるのです。

転職理由で好印象を持ってもらうコツ2つ

リクルートエージェント

では、転職理由で好印象を持ってもらうコツとは一体何なのでしょうか。

嘘は絶対につかない

例えば、「仕事がつまらない」という理由で転職を決めた場合、これを素直に伝えてしまうとマイナス印象を与えかねません。

しかし、この理由を捻じ曲げて綺麗ごとで繋げてしまうと、その後の質問でぼろが出る可能性があるのです。

そのため、嘘で固めた転職理由を説明することだけは避けましょう。

全てを正直に言う必要もない

嘘の理由を伝えることはNGですが、表現方法や視点を変えて伝えることは非常に大切です。

「前職の仕事内容には非常に満足をしていましたし、やりがいも感じておりました。しかし、家族の生活などを考えると前職の給料では難しいと考え、転職を決めました」

このように、少し脚色を加えて話すだけでもかなり好印象を与えられる可能性が高くなるのです。

絶対にやってはいけない間違った伝え方3つ

続いては、転職理由の間違った伝え方についてです。

これから紹介することを頭に入れておかないと、正直に伝えているにもかかわらず、面接官にマイナスの印象を与えてしまう可能性がありますので注意しましょう。

前の職場や上司の悪口

「前職の会社は非常に風通しが悪く、尚且つサービス残業が常習化していたため、転職を決めました。」

「上司のハラスメントに耐えることができなくなったため、転職を決めました」

これは立派な転職理由となりますが、正直に伝えてしまうとマイナスの印象を与えかねませんので、悪口などは言わずに、ポジティブな表現に変換しながら伝えていくことをおすすめします。

待遇に関する不満

  • 休みが少ない
  • 給料が低い
  • 福利厚生が充実していない

このような理由を素直に伝えてしまうと、

「うちの会社に入っても同じ理由で退社しそうだな」

と思われてしまう可能性があるのです。

理由だけの説明

例えば、「休みが少なすぎて、これ以上は限界だと思いました」

このような説明はできるだけ避けましょう。

面接官は、「差し支えなければ転職理由をお聞かせ願えますか?」

と聞いてきますが、転職理由以外にも聞きたいことがあるのです。

それは、自社に入社した際には、その転職理由をどうやって達成するかということです。

例えば、

「前職では、非常にやりがいのある仕事を任せて頂き、スキルや経験を磨くことができました。しかし、自分の時間が取れないことから仕事へのモチベーションが徐々に低下してしまいました。そこで御社に入社した暁には、プライベートと仕事両立させ、前職で培ったスキルを最大限に生かして業績に貢献していきたいと考えております」

このように、退職理由だけではなく、入社後の展望までしっかりと伝えることが大切なのです。

まとめ

転職理由の伝え方を間違えると、自分にはそんな気持ちがないのにもかかわらず、面接官が間違った捉え方をしてしまう可能性が高くなります。

そのため、今回紹介したコツや注意点をしっかりと頭に入れて、自分の転職理由をある程度正直に伝えた上で、面接官に好印象を持ってもらえるような説明をしていくことをおすすめします。

そうすることで、転職理由に関する質問にもスラスラと答えることができ、

「是非うちに来てもらいたい」

と思ってもらえるようになるでしょう。

また、自分では良いと思っていても、ネガティブに聞こえてしまう事があります。

そのため、友人や家族などに転職理由の説明をして、フィードバックを貰うこともおすすめです。