意外と大事!転職エージェントとの面談を良い結果につなげるコツ4つ

転職エージェントに登録した後は、転職活動前の事前面談があります。

この面談は意外と重要で、あなたの今後のキャリアを左右させることもあります。

この記事では、なぜ転職エージェントとの面談が重要になるのか、面談を成功させるコツなどについて、詳しく解説していきます。

おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント
【公式サイト】https://www.r-agent.com/
求人数No.1の総合型転職エージェント。数多くの転職成功者を輩出したノウハウで、ばっちりサポートしてくれます。

⇒リクルートエージェントの詳細はこちら

マイナビエージェント
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/
20代・第二新卒なら必ず使うべき転職エージェント。20代特化のポテンシャル採用枠が多く、近年は施工管理職も強化されています。

⇒マイナビエージェントの詳細はこちら

RSG Consultant Agent
【公式サイト】建設業界専門の転職支援サービス【RSG Construction Agent】

建設業界特化型転職エージェント。有資格の経験者向けですが、年収1,000万円以上を狙えます。

⇒RSG Construction Agentの詳細はこちら

転職活動前に転職エージェントと面談をする理由

転職エージェント

まずは、転職エージェントを利用する前に面談をする理由について、詳しく解説していきます。

希望条件のヒアリングをするため

転職エージェントの面談では、あなたの希望条件をヒアリングしてもらいます。

転職エージェントというのは、利用者の希望に近い企業を紹介することが仕事です。

希望と違う企業ばかりを紹介されても、「なんだこれ」と利用する気になりませんよね。

こうなってしまうと、転職希望者もスムーズに転職活動できませんし、転職エージェントも無駄な仕事をするだけです。

まずは利用者とエージェントの間に認識の相違が生まれないように、面談を行ってしっかりと希望条件をすり合わせるのです。

経験やスキルを具体化させるため

転職エージェントは、あなたが今の会社で培った経験やスキルをしっかりと言語化し、他の会社で通用するものにしてくれます

最初の面談ではあなたの経験やスキルを聞き取ったうえで、「こういう伝え方をしましょう」というアドバイスをしてくれるのです。

あなたの考えがまとまってなくても大丈夫、言語化するのが転職エージェントの仕事なので、大船に乗ったつもりで面談に臨みましょう。

転職サポートの優先順位を決めるため

転職エージェントのサービスを受ける人は様々です。

何が何でも転職したい人から、とりあえずほかの業界に興味があってとりあえず話だけ聞いてみたいという人までいます。

そういった人に合わせて、転職エージェントはガッツリとサポートするか、それとも求人などの情報提供にとどめるかとサービス内容が変わります

あなたも転職したいのに全然かまってくれなかったり、逆に転職する気がないのにしつこく迫られたら気を悪くしてしまいますよね。

転職者に合わせてサービス内容を変えるために、最初の面談は大切なのです。

転職エージェントとの面談を良い結果につなげるコツ4選

転職エージェント

転職エージェントとの面談を成功させ、手厚いサポート受けながら効率的に転職先を探していくためには、一体どのようなコツを実践していけば良いのでしょうか。

複数の転職エージェントを利用する

複数の転職エージェントを利用して面談することで、転職成功に良い影響を及ぼします。

その理由は2つあります。

1つは、あなた自身の考えがどんどん固まっていくということです。

転職エージェントはあなたのキャリアを棚卸し、スキルを言語化させ、希望条件をくみ取ってくれます。

こういった作業をあなた自身が繰り返していくうちに、どんどん自分の中で考えが固まっていき、実際の企業面接で使えるものとなっていくのです。

2つ目の理由は、他社に登録していることを伝えることで転職エージェントの熱気が上がるということです。

例えば面談で「他社のエージェントに登録しているのですが、こちらのサービスも利用させてもらおうと思いました」などと伝えてみてください。

そうすることで、「他社に負けずに良い求人を紹介しよう」とエージェントも本気になってくれる可能性が高まります。

すぐに転職したいなら熱意を伝える

もしあなたがすぐに転職をしたいなら、そのことを熱意もって伝えることが大切です。

すぐに転職をしたいと伝えることで、転職の意志が強いと判断してもらえるため、転職エージェントも手厚いサポートをしてくれるでしょう。

相談だけならそう伝える

逆に転職する気がそれほどないのであれば、気を遣わず「話だけ聞かせてください」ときっぱり言いましょう。

先ほども解説したとおり、転職エージェントは個人の熱量によってサービス内容を変えます。

情報提供にとどめておいてほしいなら、電話がたくさんかかってくるということはありませんし、ゆるーく求人を見ることができます。

社会人っぽく、明るく身だしなみは整えて

面談は服装も自由で気軽に行けるものですが、どうせなら社会人っぽい立ち振る舞いをしてはいかがですか。

これから転職活動するのですから、企業面接の本番だと思ってはきはきと話し、身だしなみもしっかり整えていけばいいでしょう。

担当のエージェントも人間ですので、不愛想な人よりも、人当たりが良い人の方をサポートしたくなるもの。

自信をもって紹介できる人物だと思ってもらえれば、大チャンスです。

少しでも担当エージェントと打ち解けることができれば、かなり質の高い情報やアドバイスを面談の時点でもらえるかもしれませんよ。

転職エージェントとの面談でやってはいけないこと

NG

続いては、転職エージェントとの面談でやってはいけないことについてご紹介します。

ドタキャン&遅刻

社会人として当たり前のことですが、ドタキャンや遅刻というのは論外です。

たとえ相手が転職エージェントであろうと、信頼を一気に落とすことになってしまいます。

転職エージェントも自信をもって企業にあなたを紹介したいと思っているので、良い案件を紹介してもらえなくなってしまうかもしれません。

面談の日に外せない用事が入ってしまった場合は、できるだけ前もって伝えることをおすすめします。

経歴などで嘘をつく

経歴などで嘘をつくこともやめておきましょう。

そもそも嘘で転職活動したところで後々ばれるのが関の山ですが、それ以上に危険なことがあります。

外資系や金融系の業種では、リファレンスチェックといって、嘘をついていないかを確認する作業が行われることがあります。

万が一内定した後にこれに引っかかると、当然内定は取り消しになりますし、最悪の場合は損害賠償を請求されてしまう事もあるので気を付けてください。

まとめ

転職エージェントに登録した後は、まず最初にエージェント側から面談実施の連絡がきます。

この面談では、あなたの希望条件の確認や、経歴の棚卸が行われます。

良い機会だと思って、考えをある程度固めて、企業面接の本番のような気持で臨んでみてはいかがでしょうか。

そうすることで転職成功確率もアップし、より良い企業に転職できるようになるでしょう。

おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント
【公式サイト】https://www.r-agent.com/
求人数No.1の総合型転職エージェント。数多くの転職成功者を輩出したノウハウで、ばっちりサポートしてくれます。

⇒リクルートエージェントの詳細はこちら

マイナビエージェント
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/
20代・第二新卒なら必ず使うべき転職エージェント。20代特化のポテンシャル採用枠が多く、近年は施工管理職も強化されています。

⇒マイナビエージェントの詳細はこちら

RSG Consultant Agent
【公式サイト】建設業界専門の転職支援サービス【RSG Construction Agent】

建設業界特化型転職エージェント。有資格の経験者向けですが、年収1,000万円以上を狙えます。

⇒RSG Construction Agentの詳細はこちら