人手不足

会社の人手が足らず、一人の仕事が多くなることによって激務に苦しんでいる方は多いのではないでしょうか。

人手不足というのは、従業員の責任ではなく、会社の責任です

そのため、責任を感じて働き続けるというようなことは一切しなくていいのです。

この記事では、なぜ人手不足が会社の責任なのか、人手不足で自分の負担が増えたらどうすればいいのかということについて、詳しく解説していきます。

人手不足が会社の責任である理由

人手不足

では早速、人手不足が会社の責任である理由について、詳しく解説していきます。

人材配置は社長や人事担当の仕事

基本的に、人材配置というのは社長や人事担当の責任です。

その証拠に、何の権限も持っていない人が勝手に社員を雇うことはできませんよね。

つまり、人を増やすも減らすも社長次第ということです。

このようなことから、仮に人手不足になった場合は、社長や人事担当に能力がないということですので、従業員には一切責任がないと考えてよいのです。

仕事内容に魅力を感じていない人が多い

仕事内容が魅力的であれば、募集が後を絶たないでしょう。

現に、求人の募集枠以上に応募が来ている会社もたくさんあります。

つまり、人手不足の会社というのは、その会社の仕事内容が魅力的でないとも言えます。

また、会社が人を集める努力を怠っているとも言えます。

どの仕事にも魅力はありますので、その魅力を上手に伝えながら求人を出せていない会社に責任があるのです。

社内の環境が悪いことが多い

「社員は入ってくるのに気づけば人手不足」という会社もたくさんあります。

これは社内の環境が悪いのが原因で、どんどん人が辞めていくことが原因です。

例えば、

  • 嫌味な上司がいる
  • 残業が多すぎる

などです。

ただ、社内の環境というのは社長の取り組みや考え方次第でどうとでもなります。

そのため、社内の環境を改善するための努力をしていない会社が原因で、人手不足に陥っていると言えるのです。

毎日残業っておかしくないですか?

考えてみてください。所定の労働時間が決まっているのに、毎日それを超える残業が当たり前になっているのは絶対におかしいと思うべきです。タカヒロさんのブログ「ジョブコンパス」の記事「毎日残業が当たり前なのは絶対おかしい!耐えるとつらいので対策を!」で詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

人手不足で自分の負担が増えたらどうするべき?

人手不足

では、人手不足で自分の負担が増えてしまった場合は、一体どうすればいいのでしょうか。

ポジティブに考えてしばらく続けてみる

まずはポジティブに考えてしばらく続けてみるという方法です。

人手不足になっているということは、その分自分が担当できる業務が増えるということです。

そのため、仕事の全体像をつかむことができ、効率的に業務をこなす方法を身に着けることも可能になります。

また、人手不足によって激務になってしまっている会社で働き続けることができれば、他のどのような企業に行っても通用する人材になれる可能性も高くなるのです。

一刻も早く転職をする

どうしても耐えられない場合は、一刻も早く転職をするという方法もあります。

人手不足が慢性化している会社というのは、その後も人手不足が解消されない可能性があります。

そのため、少しでも早く転職をして、自分の心と体を守ることが大切なのです。

人手不足が深刻化している会社を離れるためには?

転職活動を頑張る男性

とはいえ、人手不足が深刻化している会社を辞めるのは簡単ではありません。

なぜなら、会社が何としても人材を失いたくないと思っている可能性があるからです。

特に、ある程度仕事に慣れている人が辞める場合は、何が何でも辞めさせまいと強硬手段を取ってくる可能性もあるのです。

また、激務をこなしながら転職活動をするのは容易ではありません。

では、このような会社を離れるためには、一体どうすればいいのでしょうか。

退職代行を使ってスパッと辞める

まずは退職代行を使うという方法です。

退職代行を使うことで、退職に関する交渉や手続きなどを業者に代行してもらうことができます。

そのため、会社と退職に関する交渉で揉めたり、会社にうまく丸め込まれてしまったりすることを防ぐことができるのです。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

転職サイトや転職エージェントを使う

そして、激務によって転職活動をしている時間がないという場合は、転職サイトや転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職サイトを使うことで、たくさんの求人を効率的に探していくことができます。

しかし、転職サイトの場合は気になる企業への応募や、書類作成、スケジュール調整などを全て自分で行う必要がありますので注意しましょう。

一方、転職エージェントの場合は、担当のスタッフがついてくれて、一緒に転職先を探してくれます。

また、面接対策や書類添削、企業とのスケジュール調整、年収交渉なども代行してくれるため、特に初めて転職をするという場合は、転職エージェントを活用する方が良いでしょう。

しびるはリクルートエージェントを使って転職しました。

エージェントさんが何から何までお世話してくれて、難なくホワイト企業への転職を成功させましたよ。

リクルートエージェントで無料面談を申し込む

まとめ

人手不足の会社に引け目を感じてしまい、

「辞めたい」

と言い出せずにいる人もいるでしょう。

しかし、人手不足というのは紛れもなく会社の責任ですので、従業員が気にする事ではありません。

また、人手不足に陥っている会社というのは、人材戦略を上手に立てられていないことも多いため、しばらくは解消されないことが予測できます。

このようなことから、どうしても耐えられないという場合は転職サイトや転職エージェントなどを使って、一刻も早くその会社を去ることをおすすめします。