ゼネコン現場監督が結婚できない理由6つと実際に結婚した7ケース

現場監督職では、このように「結婚できないのかも」と不安になっている方がたくさんいることでしょう。

でも実はゼネコン現場監督って、実は結婚しやすい職業なんです。

今回はゼネコン現場監督が「結婚できない」と言われる理由を5つご紹介しますが、「実はそうじゃない!」ということも合わせてご紹介します。

実体験で結婚までした人の事例も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

真剣に婚活するなら

今の時代はマッチングアプリで出会うのが一般的で、私の同僚もほとんどマッチングアプリで結婚しています。婚活ならペアーズやタップルよりもおすすめなのがユーブライドというマッチングアプリです。
「恋人を作る」「遊び相手を作る」というより、本気で結婚相手を探してるのなら、一度登録してみてはいかがでしょうか。

\ お相手が見つかるまで完全無料で使える /

真剣に婚活を考えているのなら必ず登録

現場監督26歳。仕事のせいで友達も彼女もいません。もう結婚できない

施工管理 向いてない

私は建築の現場監督です。友達もいないし、彼女もいません。しかし、結婚はしたい。結婚するためにはお金も必要です。毎日ハードな仕事と勉強の量に途方に暮れます。

遊びたいのに時間がない。セックスしたいのに、女も口説けないというか、仲のいい人間がいません。現場のやり取りで頭がおかしくなりそうです。絶望的な立場をなんとかするためにはどうすればいいですか?ちなみに26歳です。彼女を作ったものの不幸な人生も嫌ですし、一生独身で、建築の現場監督も嫌です。かといって建築の現場監督を中途半端にして辞めるのも嫌です。あー、女が欲しい。

引用元:Yahoo!知恵袋

なんとも悲痛な叫びですね。

まあプライベートを捨ててでも仕事に生きる、ものづくりに人生を捧げるくらいの気概がないと、建設業界の施工管理は務まらないでしょう。

友だちと遊んだり、彼女を作ったり、結婚したりなんて、普通に仕事しているだけでははっきり言って難しいです。

実際しびるが元々いた職場も、50代くらいのおじ様たちが複数人いましたが、半分くらい独身でした

だいたい生涯独身か、結婚できても普通じゃない生活に家族に嫌気を指されて離婚歴があるかのどちらかです。

日本の50代の独身率が20%程度(厚生労働省データより)であることを考えると、倍以上が独身ということになります。

結婚できているという人も、昔の人なので、お見合い結婚の人ばかりでしたね、とにかくお見合いくらいでしか結婚できていません。

とてもじゃないですが、現代的ではないですよね。

さらに、彼女がいたとしてもまともに付き合うことすらできません。

現場監督にとっては月に数回もらえる休みなんてものは本当に家に閉じこもって「休む」ことが必要なので、デートしに外に出るなんてのはもってのほかだからです。

体力的にも精神的にもきつく、本当にまともなコミュニケーションが取れない状態なのです。

ということで結論を言ってしまうと、建設業界で現場監督をやっている限り、なかなか普通の人の生活は手に入らないと考えたほうがいいでしょう。

しびるしびる

ちなみにうちの同僚だった人は、忙しすぎて恋愛する間もなく、上司に紹介してもらってお見合いしてた(しかも破談)

現場監督が結婚できないと言われる理由6つ

現場監督が結婚できない理由

ここでは、現場監督が結婚できないと言われる理由を5つ挙げていきましょう。

現場監督が結婚できないと言われる理由6つ

は影響力順)

  1. 忙しい割に給料が安い 
  2. 男職場なので出会いがない 
  3. 残業や休日出勤、資格の勉強で忙しすぎる 
  4. 転勤が多くてすぐ別れてしまう 
  5. 汗や汚れでデートどころじゃない 
  6. 仕事をがんばるほどモテない見た目になっていく 

簡単に言うとこんな感じ、以下で詳しく解説していきます。

忙しい割に給料が安い

忙しいわりに給料が安いというのが現場監督が結婚できないと言われる最大の理由ったりします。

他の理由にも通づるものがありますが、まずは状況を知るためにもよく読んでください。

特に会社の規模が小さい場合です。

一部上場企業のように雇用が安定していない上に、勤怠管理も適切でない場合が多いのでめちゃくちゃな残業&低賃金で苦しめられます。

そんな人が婚活をしたってなかなか良い人は見つからないに決まっています。

転職したり資格を取ったりして、より良い条件や給料アップを目指すしかないですね。

男職場なので出会いがない

そもそも論なのですが、結婚する対象の女性と出会えないので結婚できません

ゼネコンは基本的に男職場です。

多めに女性がいたとしても比率は9:1くらいでしょう。

「じゃあ、合コンとか行って出会いに行けばいいじゃん」とお思いの方もいると思います。

しかしゼネコンに限ってはそれすら難しいのです、なぜなら激務の上に転勤が多いからです。(また下で説明します)

残業や休日出勤、資格の勉強で忙しすぎる

ゼネコン現場監督は、とにかくめちゃくちゃ忙しいです。

平日は朝6時に家を出て、夜は24時に帰る(または泊まる)なんてザラ。

休日出勤も多いので、デートする時間もなければ、合コンなど出会いを求めに行く時間もありません。

たまにの休みがあれば、すべて資格試験の勉強に費やします。

勉強がなくても、疲れがたまっていて「ゆっくり休みたい」が勝ってしまうので、よっぽどの超人じゃなかったら婚活なんてしません。

私の友達で大学の時から付き合っていたカップルがいますが、ゼネコンの現場監督として就職してからは遠距離でもないのに会うのは月1回になってしまったらしいです。

彼女ができても、会えなさすぎてすぐ別れます。現場監督は、恋愛に対しては超ハードモードだと思ってください。

汗や汚れでデートどころじゃない

たまに早く帰れたとしても、現場仕事なので汗や汚れだらけです。

「シャワーを浴びればいいのでは」と言われればその通りなのですが、なぜか建設業はそのせいで「汚い」と思われがちです。

ただでさえ「きつい」「汚い」「危険」の3Kイメージが付きまとっている業種です、「女子が彼氏にしたい人気ランキング」などを見ても上位に入ってくることはまずないでしょう。

女性に建設業の友達を紹介しようとしたとき、「え、建設業?ちょっと無理かも…」と言われてしまったのは記憶に残る経験です。

転勤が多くてすぐ別れてしまう

ゼネコンの現場監督は、とにかく転勤が多いです。

なんせ、建設物が作られているのは1箇所ではなく全国なのですから、全国各地数年スパンでビュンビュン飛び回ります。

1カ所の現場で施工が終われば、すぐ次の現場で仕事をするために転勤なんてことは珍しくありません。

彼女がいる人は遠距離になってしまうので、すぐに別れてしまう人が多いのです。

結婚した後も転勤はなくならず、常に単身赴任の状態だという人はたくさんいます。

仕事をがんばるほどモテない見た目になっていく

ゼネコン現場監督は昼間は汗をかいて働き、夜は付き合いの飲み会が多い職業です。

とにかくヘルメットを常日頃からかぶっているため、髪の毛がムレて薄毛になってしまう人も多いです。

また飲み会も多いので、次第におなかには糖質と油ものがたまっていきます

仕事をすればするほど、どんどん女子に嫌われる見た目になります。

そしてモテずに人生が下り坂になってゆく、負の連鎖が始まってしまうのです。

結婚できないと言われているゼネコン現場監督。実は結婚できる!

現場監督が結婚する方法

ここまで行ってきたことと真逆のことを言いますが、実際私の周りの現場監督は結婚しまくっています

確かに上で述べてきた通り現場監督には結婚できない要素が満載で、結婚できない人はとことんできないのですが、今の時代は出会いが豊富なのでいろいろなケースで結婚しているという感じです。

特に一部上場企業の現場監督なんてのは、普通に既婚者が多いのではないでしょうか。

こんな感じで、ゼネコン社員との結婚を夢見ている女性も結構いたりします。
(夢見すぎのような気もしますが笑)

現場監督は女子の間では知名度が少ないものの、年収が高く遊び歩く心配もないということで、意外と知る人ぞ知る人気職業だったりもするのです。

以下では私の周りの人で、実際に現場監督が結婚したケースをご紹介していきます。

ゼネコン現場監督が実際に結婚した7つのケース

上記では、「ゼネコンの現場監督はとにかく結婚できない!」ということをご紹介してきました。

ここからは、そんな現場監督でも結婚できる方法をご紹介します。

私の周りの現場監督も、大体この中のいずれかの方法でした。

とにかく、行動しなければ人生は変わりません、ここに書いてあることをぜひ実践してみましょう。

Case1:マッチングアプリで彼女を作って結婚した同期

彼女

今ではもはやマッチングアプリで恋人を作ることは一般的です。

私の周りでもマッチングアプリで彼女を作った人が一番多いです。

信じられないと思ったのが、彼女ができたこともない上にデリカシーがなく「一生モテないだろうな」と思っていた同期が、マッチングアプリですぐに女性と出会えた話を聞いた時です。

「え!そんなに簡単に彼女ってできるの!?」と衝撃を受けました。

あなたの周りにも、マッチングアプリで結婚まで行く友人がたくさんいるのではないでしょうか。

マッチングアプリはペアーズやタップルが有名ですが、婚活ならユーブライドというマッチングアプリが最もおすすめです。

真剣に結婚を考えている人の登録者が多く、マッチングアプリのプロが最もおすすめしています。

図:マッチングアプリ比較(マッチアップ参照)

上の図のように、マッチングアプリは目的によって使い分ける必要があり、婚活なら最もおすすめなのがユーブライドということになります。

「恋人を作る」「遊び相手を作る」というより、結婚相手を探してるのなら、一度登録してみてはいかがでしょうか。


\ お相手が見つかるまで完全無料で使える /

真剣に婚活を考えているのなら必ず登録

Case2:合コンで彼女を作って結婚した同僚

彼女

マッチングアプリが一般的になる前は、合コンが出会いの主流でした。

今でも一般的で、あなたの周りにもたくさん合コンのパイプを持っている人が1人はいるはずです。

その人を見つけて「合コンをセッティングしてくれ!」というのです。

ただし、合コンに1回行っただけではまず彼女は見つかりません

最初はドキドキして大してしゃべられずに終わりです。

数をこなせば慣れてくるので、頑張って何回も合コンしましょう。

また、友人のツテがないのなら街コンに出かけるというのもアリです。

一度に多くの人と出会えるので、気に入った人に出会える確率も高いですし、しゃべる練習にもなりますしね。

実際、街コンに週2で出かけて結婚相手を見つけた同期もいます。(どこにそんな体力が。。。)

Case3:友人や友人の奥さんに紹介してもらい結婚した先輩

彼女

もう一昔前のゼネコンでは、友人や友人の奥さんに紹介してもらうのが一般的な方法だったようです。

実際私も、先輩の奥さんのお姉さんが誰かを紹介してほしいと言っていたので、同僚を紹介しました

ゼネコンを知っている人の中では、安定した稼ぎが魅力的だと思っている人がたくさんいるということでしょう。

友人の紹介ということで気楽にお話しできるでしょうし、誰かに頼んでみてはいかがでしょうか。

\ お相手が見つかるまで完全無料で使える /

真剣に婚活を考えているのなら必ず登録

Case4:結婚相談所に登録して結婚した先輩

彼女

本当に結婚したいなら、結婚相談所への登録が一番の近道かもしれません。

というのも、マッチングアプリや友人の紹介は「出会い」が目的ですが、結婚相談所の登録者は「結婚」が目的だからです。

「とにかく結婚したい」「もう年なので、なんとしても結婚しなければならない」という方は、無駄な出会いをすっ飛ばして結婚相談所に登録してみましょう。

私の先輩は万年彼女ができないと嘆いていましたが、結婚相談所に登録してしばらく頑張っている内に、なんと女医さんと出会ってご結婚されました

女医と言わずとも、給料が高く安定している現場監督は、「結婚」を目的とした女性から良い印象を持たれていいます。

特に結婚相談所に登録している女性ならなおさらです。

ゼクシィ縁結びエージェントを使えば、エージェントさんが最後までしっかりとあなたの結婚をサポートしてくれるので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

カウンセリングだけなら無料ですし、20代、30代、40代すべての年代におすすめできますよ。

ゼクシィ縁結びエージェント

Case5:お店の人に声をかけて結婚した上司

彼女

ここからは数少ない例ですが、私の上司に派遣先の地域のお店で働いている女性と結婚した人がいます。

居酒屋の常連になって、そこで働いている子を口説いたとのことです。

現場監督は給料が良いので、意外と話してみればウケがいいみたいですね。

口に自信があるなら、一度試してみてはいかがでしょうか。

\ お相手が見つかるまで完全無料で使える /

真剣に婚活を考えているのなら必ず登録

Case6:取引先からアプローチを受けて結婚した先輩

彼女

超ミラクルな話で参考にならないかもしれないですが、取引先、というか発注主の女性からアプローチを受けた先輩がいました。

顧客にもビシビシ言う系の、仕事熱心な人だったので、そういうところに魅かれたのかもしれません。

「〇〇さんからごはん誘われたんだけど、どういう目的なのかな?」

とソワソワしながら相談された記憶がありますが、結局結婚までしたので本当にめでたい!

ということで、ゼネコン現場監督にはこんな出会いもあるのだと、希望を持って一生懸命働いてみればいかがでしょうか。
ゼクシィ縁結びエージェント

Case7:転職してから彼女を作って結婚した同僚

彼女

もういっそのこと、転職して状況を変えてみるというのはどうでしょうか。

なにより小さい会社の場合は、より大きな建設会社に転職すれば働く時間はより少なく、入ってくるお金はより大きくなるので非常に大切です。

よりホワイトな会社に転職するためにも、資格取得や転職活動を頑張る必要があります。

また、ゼネコンの現場監督を辞めて他の職業に転職するというのも手です。

上記で触れた「現場監督が結婚できない理由」である

  • 忙しい割に給料が安い
  • 男職場なので出会いがない
  • 残業や休日出勤、資格の勉強で忙しすぎる
  • 転勤が多くてすぐ別れてしまう
  • 汗や汚れでデートどころじゃない
  • 仕事をがんばるほどモテない見た目になっていく

これの全てを避けられる仕事を選べばいいのですから。

公務員に転職して1年後に結婚した同期もいます。

いずれにせよ、できるだけ若い時期に、早めの転職をすることが肝心です。

なるべく早く資格を取って、多くの経験を積むようにしてください。

また、転職ならリクルートエージェントを使えば、エージェントさんが無料で希望の条件に合った転職先をしっかりと選んでくれます。

忙しい現場監督でも徹底的にサポートしてくれるので、お試しに一度話だけでも聞いてもらってみてはいかがでしょうか。



ゼネコン現場監督の婚活で押さえておきたいこと3つ

最後に、現場監督が婚活するのであれば、必ず押さえておきたいポイントをご紹介します。

最低限ここに書かれていることをクリアしなければ、マッチングアプリを使おうが、紹介してもらおうが、転職しようが、絶対に彼女はできません。

思い当たる方は、ぜひ考えてみてください。

とにかく清潔感を保とう!

現場監督の人は、本当に身だしなみにあまり気を付けていない人が多いです。

建設現場は男職場だし、汚れる仕事だし、全く清潔感のない上司や同僚がうじゃうじゃいるのが理由だと思いますが。。。

しっかりとお風呂に入るとか、鼻毛を切るとか、髪をセットするとか、本当にそういう簡単なところでいいんです。

とにかく清潔感がないと女性から恋愛対象として見られません。

ちょっとした頑張りで見られ方も変わるので、しっかりと意識しておきましょう。

\ お相手が見つかるまで完全無料で使える /

真剣に婚活を考えているのなら必ず登録

食事の場面ではマナーよく振るまおう!

現場監督の職場で働いていたら、食事の場面で気を使うなんてことも全く身につきません

上司にお酒を注ぐ、幹事で盛り上げる、なんていうのは慣れるのですが、実際女性と食事に行くときには全く役に立ちません。

まず飲みすぎや食べすぎなんてのはやめましょう。

豪快に飲み食いするのもいいのですが、あまりに酔っぱらいすぎて問題を起こしてしまうなんてことも日常茶飯事です。

とにかくマナーを守って楽しく会話しながら食事すること、これを意識しておきましょう。
ゼクシィ縁結びエージェント

言葉遣いには注意を払おう!

建設現場には本当に女性に対してデリカシーのない発言をする人がたくさんいます。

意識の高い会社ならすぐにどこかに飛ばされるであろう発言も日常茶飯事で飛び交っている現状です

私の職場のおっさんが契約さんに対して「彼氏作らんのか?」「なんでや?」から「最近いつ××したんや」なんてことを聞いててドン引きした覚えがあります。

言葉遣いというか、もう言ってはいけないことを言ってはいけないと認識することが大切なので、NGワードはしっかりと押さえて言葉遣いには注意を払いましょう。

\ お相手が見つかるまで完全無料で使える /

真剣に婚活を考えているのなら必ず登録

ゼネコン現場監督でも結婚できる!頑張ろう!

ゼネコン現場監督は結婚できないと言われています。

確かに結婚できないような条件が揃いまくっているので、婚活市場ではなかなか不利かもしれません。

しかし、実際には結婚している人はたくさんいます!

婚活市場では、女子にとって現場監督は「給料が高い」「安定している」「浮気の心配がない」という穴場の人気職業なのです。

私の周りでも、大きく分けて結婚に行きついた7パターンのケースがあります。

ゼネコン現場監督が実際に結婚した7つのケース
  • マッチングアプリで彼女を作って結婚
  • 合コンで彼女を作って結婚
  • 友人や友人の奥さんに紹介してもらい結婚
  • 結婚相談所に登録して結婚
  • お店の人に声をかけて結婚
  • 取引先からアプローチを受けて結婚
  • 転職してから彼女を作って結婚

この中で「仕事が忙しすぎてまったく婚活ができない」というのであれば、転職をおすすめします

合コンに行こうが、マッチングアプリを使おうが、結局時間がなければ結婚どころかすぐに分かれてしまいますので

上場企業なら時間もあって給料が高いでしょうが、小さい会社なら頑張ってステップアップを目指した方が良いでしょう。

ゼネコン現場監督でも結婚できます!頑張って結婚相手を見つけましょう!


\ お相手が見つかるまで完全無料で使える /

真剣に婚活を考えているのなら必ず登録