施工管理 現場監督 仕事内容(実際)
しびるしびる

さっそくこの記事の結論を言いますが、現場監督に休みはないです。

現場監督は指定された工期までに建設物を安全かつ高品質に作らなければなりません。

トラブルだらけの毎日を柔軟に乗り切って、完成させる必要があります。

従って、現場監督に休みはないです。

今回は、そんな現状をお伝えしようと思いますので、現場監督になりたいと考えている人はぜひチェックしてみてください。

プライベートが欲しいなら現場監督から転職

プライベートが欲しいなら、まずは転職を考えましょう。今のタイミングなら求人がたくさんあるので、早めの行動が吉です。私はリクルートエージェントを使って地獄の現場監督から脱出しました。最初から最後まで無料で利用できるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

\ 無料相談はこちら /

3分で登録完了!最初から最後まで完全無料!


現場監督に休みはない

施工管理 現場監督 仕事内容

現場監督ですが、少し休みたいのです。

現在、都内で設備工事の現場監督をしています41歳の男です。
以前は、田舎で現場作業員をしていましたが、35歳で今の会社に転職しました。
工期が12月末なのに、ゼネコンの工程より遅れており、本党に正念場の辛いところです。

責任のプレッシャーもきついし、自分の能力不足を感じています。
春先からずっと、日曜日も、ゴールデンウィークも、お盆休みも仕事をしていますが、仕事が終わりません。
それどころか、家に帰れず、現場事務所に寝泊まりしています。

元々は、自分が悪いのですが、今までの検討不足、準備不足、段取りの悪さが出てきて、非常に苦しいです。
睡眠導入剤と酒が無いと眠れません。
現場事務所で寝て、固い身体を起こして、昼間は現場に出、夜は事務作業をしています。

上司に相談し、無理をして、スタッフを増員してもらいましたが、それでも追い付きません。
スタッフにも、炎上現場に無理に来させて、悪いな、と思います。

しかし、最近、顕著に仕事の凡ミスが増え、集中力が無く、記憶力も無くなり、ただただ、身体の疲れを感じています。

本当にしばらくの間、休みたい、と思っています。
(そんな事は許されないので、退職するかどうか、という話になるかとは思いますが・・・)
精神的に参っている事もありますが、本当に、少し、身体を休めたいのです。

参照:https://jobcatalog.yahoo.co.jp/qa/list/12167323557/

基本的に現場監督には休みがないです。

もちろん世間一般と同じく、表立っては週休2日を求人に書いている場合も多いでしょう。

しかし実際は良くて週休1日、ほとんどが休みなしという現状です。

上で述べていますが、現場監督は指定された工期までに建設物を安全かつ高品質に作らなければなりません。

トラブルだらけの毎日を柔軟に乗り切って、完成させる必要があります。

たくさんの人に迷惑がかかるので、工事が進んでいる間に休んでいる暇がないのです。

最近は国が頑張って休みを増やそうとしていますが、ハッキリ言って無理です。

建設業も商売なので、発注者の要望を聞かなければなりません。

発注者が工期に間に合わせろという限り、それに従うほかないのです。

さらに、基本的に建設業は人手不足で、全ての業界の中でもぶっちぎりの人手不足問題が発生しています。

ですので、一人に割り当てられる負担が非常に多いのです。

現場監督は基本的に週休1日、悪くて週休0日であることを認識しておいてください。

このような理由から、明確に「現場監督に休みはない」と断言させてもらいます。

現場監督は休日も仕事の電話があるので、プライベートは諦めよう

建設施工管理の激務な1日を紹介

同じ業界の方に質問です。
建築や土木系の現場監督をしてる人は一般にお休みってあんまりないんですか?
GWやお盆休みなんかも関係ないんでしょうか?

好きな人がそのような仕事をしている
のですが、全くと言っていいほど休みがなく、やっと休みが取れたと思えば急な仕事が入ったり、事故が起きたりしまったりして、なかなか時間を作って会うことができなくて…。
会えないばかりではなく連絡もなかなか取れず、週に数回私から返事のいらないようなメールを送ったりはしているのですが、彼からの返事は2週間に一度程度。さすがに私も寂しくて、いつまで待てば彼に会えるのか、連絡がまともに取れるのかどうか不安な毎日が続いています。
もちろん信じてはいますが、もしかして私のことどうでもよくなっちゃったんじゃないかとか、悪い方向にばっかり気持ちも向いてしまうんです。

(中略)

相変わらず彼からの連絡はほとんどなく、先日やっと会えると思ったら現場で事故が起きてドタキャンされてしまいました。
楽しみにしてた分悲しかったけど、そんな彼を好きなのは私だし、仕事に誇りと責任感をもって取り組んでいる彼を素敵だと思うので、我慢しなきゃだめですよね。
ご質問があったのでお答えします。彼は30代半ば、大規模な現場を任されていますが、勤めてる会社は中くらいです。

参照:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1361436118

現場監督はたとえ休日であっても、仕事の電話が鳴り響きます。

街を歩いているとわかると思いますが、ビルや住宅、道路などの建設現場では、平日休日関係なく毎日職人さんたちが作業してますよね。

このように、建設工事は毎日あるわけで、たとえ担当が休みであってもトラブルが起これば休日でも関係なく連絡が来ます。

建設業は人手不足なので、施工管理として一人で大勢の人や物を管理しなければなりません。

平日だけでは、時間がいくつあっても足りないわけです。

このようなことから、まれに休みが合っても遊びの予定が入れづらく、家でソワソワして過ごしながら一日が終わります。

上に書いた通り、現場監督は基本的に週休1日です。

連休は絶対に無理です。

例えば結婚して新婚旅行で1週間くらい休ませてほしい、なんて言ったら、たちまち目の敵にされてしまいます。

家族で旅行もまず無理なので、家族サービスは考えないようにしてください。

とにかく、プライベートは捨てて、家族から好かれるということも一切考えてはなりません。

というかまず、忙しすぎて恋人ができません。友達もなくします。

仕事に人生の全てを捧げられなければならないのです。

もしあなたが人並みにプライベートを重視したいのであれば、現場監督以外の職種を選んだ方が良いでしょう。

現場監督のメリットは、お金が貯まること

ここまで現場監督は休みがないというデメリットをお伝えしましたが(働くのが好きな人にとってはメリットかもしれませんが)、最後に現場監督のメリットをお伝えします。

それは、現場監督はお金を貯めやすいということです。

なんせ休みがないため、プライベートでお金を使う場面がありません。

大手のゼネコンであれば、社員寮や社宅も完備されている場合があるので、家賃もかかりません。

飲み会やゴルフは多いですが、羽目を外しすぎない限りお金はどんどん貯まっていきます。

私の前の職場の現場監督では、20代で高級外車に乗れてる人もいました。

そんなことしたら、貯まるものも貯まらないのですが、それでも羽振りの良い暮らしができるということは確かです。

とにかくお金が欲しいのであれば、現場監督もいいかもしれませんね。

プライベートが欲しいなら現場監督から転職

プライベートが欲しいなら、まずは転職を考えましょう。今のタイミングなら求人がたくさんあるので、早めの行動が吉です。私はリクルートエージェントを使って地獄の現場監督から脱出しました。最初から最後まで無料で利用できるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

\ 無料相談はこちら /

3分で登録完了!最初から最後まで完全無料!