【1級管工事施工管理資格】効率よく1発合格できる独学方法を紹介

この記事では、1級管工事施工管理技士を効率よく勉強し、最短で一発合格できる勉強方法をご紹介します

国家資格でもある1級管工事管理士は、建設業界で働くのであればものすごく貴重なスキルです。

資格取得者が少ないので、どの企業でも重宝されますし、給料を上げるのにも非常に有利になります。

そんな1級管工事施工管理技士ですが、できるなら最短でさっさと取得してしまいたいですよね。

大丈夫、簡単です、この記事で紹介している方法を試してみてください。

この記事を読むメリット

1級管工事施工管理技士の資格を取るための独学方法がわかります

\ 一発合格を目指すなら /

※ この記事は1級管工事施工管理技士資格者の監修済です

【1次・2次検定別】1級管工事施工管理技士に一発合格した独学方法

合格までの勉強方法

 

1級勧告時施工管理技士の資格を取ろうとしていると、こんな壁に当たるのではないでしょうか。

  • 現場経験がなさすぎて経験記述が書けない
  • 文章の書き方がわからなさすぎて2次検定(実地試験)が本当に無理
  • 現場経験が遠い昔なので、イメージが思い出せない

特に鬼門は2次(実地試験)ですね。

相当な現場経験と文章力を両立させなければならない、非常に難しい試験です。

1次検定(学科試験)

1次検定(学科試験)の独学法はオーソドックスです、過去問題をひたすらこなしましょう

実務経験なしでも余裕です。

私は過去の試験問題を8年分×10周したら、100点取れました。

8年分×10周はやりすぎですし、100点も必要ないので、せめて5年×5周くらいはするようにしましょう。

私のやり方は以下のようなものです。

  • 1度過去問を解いてみて、理解できて正解した問題に印をつけ、次は解かない
  • 理解できずにラッキーで正解した問題 or 不正解の問題は次も解く

つまり何周もするといいつつ、1回正解した問題は飛ばしてしまえば2周目以降はどんどん時間がかからず終わっていきます。

監修者より

    過去問の選び方は、できるだけ過去にさかのぼって収録されているものを選びましょう。

    地域開発研究所の過去問題集は過去問が7年間収録され、解説もわかりやすいので理解が深まりますよ。

    2次検定(実地試験)

    2次検定(実地試験)は1次と違い、難易度がものすごく高くなります。

    マークシート方式でなく、答えを記入しなければならないというのも辛いところです。

    問題の構成は以下の通りです。

    1. 施工要領図(必須)
    2. 空気調和設備(選択)
    3. 給排水・衛生設備(選択)
    4. 工程管理(選択)
    5. 法規(選択)
    6. 施工経験記述(必須)

    特に鬼門が6の施工経験記述で、自分の経験から出題内容に沿った論文めいたものを記述しなければなりません。

    経験記述以外は過去問を解けばなんとなく書けそうですし、選択制なので苦手な問題は避けるということができるのですが、経験記述だけはどうにもなりません。

    この経験記述ですが、過去問をどれだけ解いてもどうしようもなく落ちてしまうというのが多くの人の悩みだったりもします。

    経験記述で守るべきことは以下の2つです。

    経験記述で守るべきこと
    • 課題によらず書けるように、全てのパターンの模範解答を作成しておく
    • 必ず自分の経験から文章を書く

    上記の「守るべきこと」を守ろうとして、以下のような壁にぶつかります。

    • 文章が苦手で記述が無理
    • 経験がないのでそもそも書けない
    • 考えても何が正解なのかわからない

    周囲の人にアドバイスを求めたって、イマイチ納得感もないでしょう。

    せっかく頑張ったのに、施工経験記述で落とされてしまったら、たまったもんではありません。

    そういった悩みを持つ方は、これら記述問題の解答を全て専門家に丸投げして作ってもらいましょう

    私は自身の経験を専門家にお伝えして、記述を全て作ってもらいました。

    独学サポート事務局の「作文作成代行」というサービスを購入して、時間をお金で買ったのです。

    試験勉強をせっかく頑張ったので、絶対に落とされるのはイヤでした。

    だから確実に一発合格できる方法を、専門家に教えてもらったということです。

    特に施工管理なんて仕事は勉強の時間がなかなか取れません。

    経験記述以外も1級管工事施工管理技士の独学フルサポートがつくので、経験記述が苦手な方含め一発合格したい方はぜひとも独学サポート事務局を利用しましょう。

    \ 目指せ一発合格 /

    無駄な勉強はせず、効率よく合格しましょう

    独学サポート事務局の口コミを集めた記事はこちら↓

    1級管工事施工管理技士は約300時間の勉強が必要!

    1級土木施工管理に受かる勉強時間

    1級管工事施工管理技士の勉強は、300時間程度見込んでおいた方が良いでしょう。

    もちろんこれより早い人、遅い人両方いるでしょう。

    効率よく勉強を進めて、正しい道をたどって確実に合格を狙いましょう。

    300時間なんて途方もない時間、1回勉強した後にもう一度勉強なんてとてもではないけどできません。

    平日は夜遅く、休日も仕事をしている施工管理の皆さんにとっては、勉強すら大変なことです。

    やるからには一発合格です、そのために「ミスのない」勉強方法を心がけましょう。

    \ 目指せ一発合格 /

    無駄な勉強はせず、効率よく合格しましょう

    1級管工事施工管理技士(2次検定)の合格率は高い

    1級管工事施工管理技士の2次検定は、2020年度で61.1%と比較的高い合格率を誇ります。

    実地試験の実受験者数合格者数合格率
    2020年度 10,431 人5,492 人61.1 %
    2019年度8,211 人 5,018 人52.7 %

    引用元:試験の合格率 | 管工事施工管理技士 インフォメーション | 建築設備士の試験対策なら総合資格学院

    しっかりと勉強してミスさえしなければ、取れる可能性がぐっと高まる資格であるということです。

    これを聞くと、一発合格のモチベーションも高まってくるのではないでしょうか。

    しっかりと対策して、勉強に励みましょう。

    \ 目指せ一発合格 /

    無駄な勉強はせず、効率よく合格しましょう

    一発合格目指して、しっかりとポイントを押さえていこう

    この記事では1級管工事施工管理技士に一発合格するための独学法をご紹介しました。

    基本的には過去問をおさえつつ、正解のわからない記述問題は専門家に丸投げという方法をとれば、まったくミスなく合格が可能です。

    やはり資格の勉強は、一発合格を狙うのが一番大切です。

    貴重な時間を割いて勉強しているのですから、1年経って忘れるものをまた1から勉強しなおしなんて心が砕かれます。

    とにかくおさえるべきポイントは周りの人に聞きながら、しっかりおさえていきましょう。

    独学サポート事務局を使えば、過去問テキストから何から何まで独学でできるよう、しっかりとした教材とバックアップ体制をとってくれます。

    なにより施工経験記述を完全に丸投げして作ってくれる「作文作成代行」が魅力的です、時間はお金で買いましょう。

    とにかく忙しくても毎日コツコツが大切です、目標感を持って勉強に励んでくださいね!

    \ 目指せ一発合格 /

    無駄な勉強はせず、効率よく合格しましょう

    独学サポート事務局の口コミを集めた記事はこちら↓

    ※ この記事は1級管工事施工管理技士資格者の監修済です